電車に乗って移動だ!

また案内板を頼りに、電車の駅までテクテク歩いていく。 時間は3時20分。 今度は迷わずちゃんと着けた。 駅には自動販売機があったが、それは近距離切符しか買えないので、私は窓口へ。 あー、やっぱり混んでるよねぇ。 窓口ロビーにいろんなサービスのパンフレットが置いてあり、買おうと思っていた「バーンカード(中距離以上が割引になるカード)」の案内があったので手にとる。 ぱらぱら見ていると、後ろにいたおじさんが話しかけてきた。 「イン ドイッチュランド?」(記憶がおぼろげだけど、たぶんこう聞かれたんだと思う) 意味はドイツにいるの?という簡単な言葉なんだけど、話しかけられると思っていなかったので、パニック! 「イン ドイッチュ?」と聞かれたんだと勘違いして、え?どういう意味? パンフレットはドイツ語?って聞かれてんの? ドイツ語だけど大丈夫なのかってこと?  この人ドイツ人? うわ~わからねぇ! え?え?と答えられないでいると、おじさんも諦めた模様。 そうこうしてるうちに私の番が来た。 「ハロー! 私はこれが欲しいんだけど」、とあらかじめプリントアウトしてきた用紙を見せる。 紙に行き先も時刻も全部書かれてるから、向こうで確認してくれてちゃっちゃと手続きしてくれた。 クレジットカードで払いたいって言ったら、混んでたせいかダメと言われたようだったので(フィーリングで)、現金で支払う。 親切に乗り換えについても、向こうでプリントアウトしたのをくれた。 ダンケ!! 早くよけなくちゃ、と焦っていると、チケットがまだだよ、と言われた。 あらららら。

無事、切符を手に遠距離用のホームを目指して移動。 時間は3時35分。 雪のせいで電車が遅れてるかもしれないので、発着予定の掲示板を確認する。 ドイツの鉄道は縦横無尽に走っているので、日本のように「このホームは○○線でどこどこ方面にいく」と決まっていないのだ。 だから電車が遅れると、発着ホームも変わることになり、すんごく分かりづらくなってしまう。 ホームが固定されていないので駅名表示板も日本のように「東京← 上野 →大宮」みたいに、次の駅の表示がされていない。 これも結構不便だなぁ。
ちゃんと確認すると、乗る予定の電車は予定通り7番線に到着するらしい。 

定刻通り電車着た。 遅れてないらしい。 3時58分出発まで、席を求めてうろうろ。 荷物が多いから、席がとりずらい。 通路にスーツケース置くと迷惑だしな~。 うーん、適当な席がないし空いてても予約席になってたので、とりあえずデッキで立ってることにした。 乗り換えまで1時間ちょい。 車両とデッキとはガラス?で仕切られていて、中が見えるようになっている。 一番手前の席が空いているので、近寄っていってデッキから予約内容を見てみる。 よく見てみたら予約が入っているのは私の目的地ボン以降の駅だったので、安心して座る。 雪の影響か、なかなか出発しない。 アナウンスも流れないので、これが普通かと思ってたらまわりのドイツ人が、なんで出発しないだ、と言い始めた(これもフィーリングで)。 うーん、予定してた乗り継ぎの電車には乗れないと思うけど仕方ないよね。 なんとかなるでしょ。 日記でも書いて待ってようっと。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 17:48 | ドイツ留学中


<< ドイツ放浪日記 1 ドイツ入国! >>