4月29日 お見送り

今日で、仲良くなったカナダ人のおじいさんが、ボンを離れてしまうので、駅まで見送りに行ってきた。

前日に9時15分出発だよね、と何度も確認したのに、肝心の駅はどこの駅を15分発なのか、ちゃんと確認するの忘れた。。。(涙) 別れてからそのことに気がついて、時刻表を調べて、最寄りのローカル駅だと15分出発の電車はないけど、ボン中央駅から14分発フランクフルト行きの新幹線みたいな早い電車が出てることが判明。 これかな~。 鈍行じゃ行かないよな~。 といろいろ深読みして、ボン中央駅に行くことにした。

ローカル駅からボン中央駅までは電車で7分ほど。
9時にボン中央駅に到着して、フランクフルト駅行きの電車が出るホームでおじいさんを探すが見当たらない。 まだ来てないのかな~、待つこと数分。 14分発の電車が10分遅れるとアナウンスがはいり、向かい側のホームには鈍行列車がとまった。 時間は9時8分。 この鈍行列車なら7分後の9時15分に最寄り駅に着くことに、そこで気づき決断をせまられる。。。 鈍行電車の可能性を考えてなかったけど、これなら最寄り駅15分発だ。 でも、これに乗った後でおじいさん来るかもしれないし。。。 うあー。

結局、電車には乗らず、遅れてる早い電車をそのまま待つことに。
時計はすでに14分をまわり、電車が遅れていなければもう発車してる時間を過ぎても、おじいさんを見つけられなかった。 たぶん最寄り駅が正解だったんだね。。。 残念だけど、メールアドレス聞いてるから間違えちゃったよ、ごめんねーってメール送ろう、と一緒に見送りに来てた友達と話しながら、次の便で最寄り駅に戻った。

駅に着いて、出口の階段の方へ歩いていくと、友達が突然走り出した。
え?なになに?と思ってると、彼が走りながら「いた!」と叫んだので、そこで私もようやく、おじいさんがいたことに気づいた。 すごい! 目がいいってすばらしい! てか、私はもういるとすら思ってなかったよ。 ありがとー!

走っていくと、ちょうど目の前でドアが閉まってしまい、おじいさんも私たちに気づいてくれたけど、ガラスごし。 ドアの開くボタンを何度も押したら、これがまた開いたー!! すばらしい! そしたら、おじいさん電車を降りてくれて、いいよ、いいよって言ったんだけど、次ので行くからいいよって言ってくれた。 うあー、ありがとー。 間違えてボン中央駅に行っちゃったこととか、もう一人女の子が来てたんだけど、会えなかったから、彼女は朝市に行っちゃって会えなくて残念、とか次の電車が来る30分の間にちょこちょこ話して、メールで写真送ってね!っ言って、少し泣きそうになりながらも笑顔で別れられたので良かったー。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-05-02 18:31 | ドイツ留学中


<< 4月29日 ホワイトアスパラガス! 4月23日 日記のこと >>