7月11日 クラス内問題勃発

試合のことを書いてる途中だけど、ちょっと中断。

今通ってる学校は、前に通ってたところよりも値段が安い。
授業料だけで比較すると2倍くらい違う。 前のところはドイツが国で認定してる
語学学校で、いわばドイツ国内最強。 高い分、施設が整っている。
そして、肝心の授業内容は、ぶっちゃけ先生によると思うんだけど、それを
割り引いても、高いとこのほうがカリキュラムがしっかりしてる。
1ヶ月でこなす内容が決まっていて、クラスを申し込むのも1ヶ月単位だ。
今のところは、週単位で申し込める。 で、授業の感じと言えば、前のとこより
ゆっくりめ。 丁寧と言えば丁寧。 クラス人数は今の方が少なくて授業が
受けやすい。 教科書は前はくれたけど、今のとこは自分で購入。
先生やクラスメイトで、クラスの雰囲気もずいぶん変わるから、どっちにしても
運なのかな。

で、今の学校は週単位で申し込めるため、生徒の入れ替わりも多い。
先生も週の前半と後半とで変わる仕組みになっていて、しかも今は休暇に
入る先生が多いから、先生自体も入れ替わっている。 これは高い学校でも
突然先生が休暇に入って違う先生が来てたので、一緒かな。

いい先生にあたって喜んでいたら、その先生が休暇に入るため代理の先生が
先週から来ているが、この先生との相性が私はあんまりよくない。 がっかり。
前の先生と比べて、授業が単調で速度もゆっくりすぎるくらい。
大事なとこを重点的に説明するのではなく、ずっと説明してる感じ。
これに加えて、先週から新たにスペイン人の女の子2人に、ルーマニアの女の子1人が
新加入。 この新加入組が議論好き。 教科書からどんどこ離れて議論してる。
先生もそれを止めない。 むしろ、いいことだと思ってる節がある。
議論に参加してない他の生徒は退屈して、もっと先に進めて欲しがってる。

そして、今日とうとう、一人が議論が多すぎると意見。 さすが外国、自分の意見は言うね。
それに議論好き組が反論。 学校にドイツ語を習いにきてるんだから、話したほうがいい、
という意見。 それは分かるけど、教科書も進めて欲しい、とまた反論。
議論好き組の子、一人が最後には泣いてしまって、なんとも言えない空気が教室に流れる。
ひょえ〜。 つーか、もともと先生がうまく授業を進められてないのが原因なんだけどね。

とりあえず問題は一時凍結されて、授業が進められ、終わった後に議論再開。
私はそれについていけるほど会話能力も高くないし、どっちにも組してないので静観。
つーか、教室にあるパソコンを使ってメールチェックとかしてた。
私の後ろでは喧々囂々の議論が。 授業進めて欲しい派の大半が帰ってしまったので
議論好き組が意見を出し合って、先生も意見を出すって感じで、進められ、
解決策が出たんだか、出てないんだか。

うーむ、これが続くようなら、クラス変えてもらおうかな〜。
もともと今いるクラスは私には難しすぎる。 でも先生もクラスメイトも良かったし、
自分のわかるとこだけやってても単語量も増えないと思い、難しいクラスに残留決定。
しかし、今になって先生は変わったし、新加入は議論好きで授業が滞りがち。
様子をみて、揉めごとが続くようであれば、下のクラスに移ることも検討。
先生が変われば、また状況も変わるのかな〜。

いやはや、いろんなことがありますな〜。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-07-11 21:53 | ドイツ留学中


<< 7月12日 なんとか収束 7月7日 行くぜ! Stutt... >>