カテゴリ:ドイツ留学中( 90 )

ホテルの様子

b0069846_2347100.jpg

外から見たホテル。

b0069846_251519.jpg

入り口から見た部屋の中。


b0069846_262817.jpg

窓側から見た部屋の中。

b0069846_27291.jpg

バスタブ付♪

b0069846_265772.jpg

洗面台。

b0069846_281475.jpg

朝食食べる席。

b0069846_2115755.jpg

バイキング形式の朝食。 朝日があたって見づらくなっちゃった。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-05 02:03 | ドイツ留学中

時差ぼけ

散歩から戻ってきて、さっそく水を飲む。 あー、買えてよかった。
午後1時、日本だと午後9時、父親がもう帰ってるだろう時間になったので実家に電話してみる。 父親と15分ほど話し、母親にも代わってもらう。 さっきも話したけど、散歩してきたので街中の様子とか報告する。 通話時間は30分ほど。 さっきも同じくらい話したから、これ通話料かかってたらいくらになるんだろう・・・ ホテルからの通話って高く設定されてるよねぇ。 まあ、仕方ないか。 1万円くらいまでは必要経費と思おう。

日本から持ってきたスピーカーに iPod をつなぎ、音楽を聞きながらバタバタして書かなかった2月中旬あたりからの日記を書く。 さっさとドイツに来てからのことが書きたいけど、ぐっと我慢して記憶を掘り起こしながら書いていく。 ネットにちょこちょこ繋いで更新しながらメールもチェック。 ずっと書いてると5時頃から眠くなる。 今寝たら夜寝れなくなる、と我慢、我慢。 うう、眠い。

先にお風呂に入ってしまおう。
私が泊まったホテルはなんとバスタブが付いてたので、お湯を貼ってゆっくり入る。 疲れた時にお風呂はいいやーねー。 風呂上りには足の裏にサロンパスを貼る。 重量オーバーで荷物を削ってもこれだけは持ってきてたんだよね♪ 足の裏に貼って寝ると疲れが取れるんだよ。 サロンパス、お勧めです!! その後も眠い目をこすりながら日記を書いたり、書き飽きてガイドブックを読んだりして時間をつぶす。 それでも9時には限界を感じ就寝。 おやすみなさ~い。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-04 13:57 | ドイツ留学中

街を探索

朝8時。 朝食を食べるべく下に降りていくが場所がわからない。
うろうろしてると、ホテルの人に笑われながら「あっちよ」と言われる(フィーリングで) どうも~。

朝食はバイキング形式で、パン、ハム数種類、チーズ、シリアル数種類、ジュース数種類、ヨーグルト、お茶数種類、あとはなんかのマリネらしき食べ物数種類。 得体の知れないモノには手を出さない主義なので、大人しくパンを切ってバターを塗り、ハムとチーズをはさんで食べる。 うまい~。 前に友達のところへ遊びにきた時もこのメニューで食べたので懐かしい。 パンもたぶん同じパン。 できれば部屋にパンを持ち帰りたかったけど、隣に人が座ってしまい断念。

9時頃、部屋に戻って実家に電話。 日本は午後5時。 そのくらいにかけるね、と言ってたので、無事繋がる。 おー! ダイヤル回線でも問題なく聞こえる! ちょっと声が遅れたりはするけど、普通に話せる。 いやいや便利だねぇ。 母親と話していると、姉夫婦も実家にちょうどやってきた。 どうも、どうも。 着きましたがな。 到着してからのことなどを話し、父親が帰ってくるくらいにまた電話する、と言って切る。 買い出し行かないといけないからね!

10時すぎ。 いよいよ街へ出てみる。 今日は曇りで少し寒い。
ホテルのフロントで、スーパーはどこ?と聞き、え?スーパー?と返されながらも、教えてもらう。 近くにあるみたいで良かった。 ホテルを出てスーパーのある方へ歩いていく。 まだ時間があるのでその辺を探検してみる。 わき道を入っていくと商店街(って書くとイメージがちょっと違うんだけど 笑)発見! 食料品が売ってそうなお店に手あたり次第入ってみる。 薬局とか。 やはり、いまいちパンと水の品揃えが悪い。 のんびり散歩しながらうろうろ。 ホテルの人が教えてくれたあたりに来たのでよーく探してみる。 お店の前に果物が出てるとこがあったので、きっとあれに違いない。 入っていくとビンゴ! パン、パン、あと水! 私の好きなパンはオーブンでちょっと焼かないとダメなやつなので、別の安いパンを買う。 水も炭酸なしのやつを探す。 パンと水で2.3ユーロ。 うむ良い買い物をした。 その後気になったパン屋でパンを買う。 2.3ユーロ。 食料を買ったので後はゆっくり散歩が出来る♪ すぐ近くに本屋で絵ハガキも買う。
b0069846_153212.jpg

買ったもの。

買い物を済ませてもまだ12時前。 学校の場所も確認しておこう。 学校の方へ歩いていくと途中に池があって、水好きな私としては嬉しい♪ ホテルのある通りから一本目が学校のある通りなのですごく近い。 一本目、一本目と歩いていると、あまり大きくない通りに出る。 え? ここを曲がるのかな? 通りの名前を確認するとやはりここらしい。 曲がって少し行ったところが学校だ。 おおー、あった! 思ったより小さい。 また月曜日来るからね~。 来た道とは違う道を通ってホテルへ戻る。 あ、市役所発見。 2時間ちょいの散歩を終えて、今日の探索終了。 お疲れ!!
b0069846_1438276.jpg

学校の写真。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-04 10:52 | ドイツ留学中

ドアとの格闘

目覚ましがなる前に起きてしまう。 朝7時30分。
今日は買出しに行かないと! スーパーが何時まで開いてるかわからないので、たぶん確実に開いてるであろう午前中に出かけたい。 部屋にはホテルの案内らしきものがないので、朝食時間がわからないが、8時頃なら食べれるだろう、と準備にとりかかる。

さて部屋を出ようと思ったところで、案の定問題発生。 鍵が開けられない・・・

b0069846_1443035.jpg

b0069846_14433173.jpg

鍵の形状も変わっていて、カードを差し込んで取っ手をぐるぐるぐるぐるまわして鍵を解除するらしい。 このぐるぐるが、沢山まわるんだよ。 どうなってんの、これ。
ものすごい固いドアで力がいるのか、と全力で押してみるがびくともしない。 昨日開けてくれたお姉さんもこんなに力入れてなかったはず・・・ なんかコツでもあんのか? ドアと格闘すること数分。 ドアはやっぱり開かない。 諦めてフロントに助けを求める電話をかけようと、話す内容をメモに書き留める。 んー、でももっかい挑戦してみるか。 それでもダメなら電話しよう。

えい!やー!とー! 押せども押せどもドアは開かず。 ぐるぐるぐるぐる。 反対側にも、ぐるぐるぐるぐる。 てい! カチッ。 おあ!? 開いた! なんだ、引っかかって動かないところから、更に力をこめてまわさないとダメだったらしい。 よかったよ~、部屋から出られたよ~。 ご飯だ、ご飯~♪
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-04 08:01 | ドイツ留学中

ドイツで通信

あと2時間もすれば両親が起きてきてスカイプ使って話せるから、それまでお風呂は入ったり、荷物開けたり、靴下洗ったり、ネット接続したりして過ごす。 お腹も空いたので、出発直前にあった友達にもらった信玄餅を食べる。 きなこ餅に黒蜜かけて食べるやつ。 うまかった~!

b0069846_22123596.jpg


モジュラージャックは用意してきたドイツ用のが合わず焦るが、日本で使ってるジャックをえい!と差してみたらはまったのでこれで大丈夫でしょ。 外れなくなるかも、、、と不安だったけど、ちゃんとはずれたし。 あらかじめ登録してきたAOLのドイツ番号に繋いでみる。 何度か失敗したけど、無事ダイヤル回線で接続成功! 良かった~! これで連絡できるわ。 通話料がかからないって、本当かな~。 ホテルの回線からだととられるかもしれんけど、連絡手段がある安心のが大事だわ。

メールを確認して、到着報告のメールを書いて送る。 ネット回線を利用した電話を使って両親に到着報告したかったので、午後10時頃(日本の朝6時)にもっかい接続してみると、実家のパソコンが立ち上がってない。 10分おきくらいに接続して確認するが、やっぱり立ち上がってない。 さすがに疲れていたので、再度メールで大体何時くらいに電話するってことと、こっちは常時接続にしておけないから、そっちのパソコン立ち上げといて!と送ってようやく就寝。 朝食の時間がわからなかったので、とりあえず8時くらいに目覚ましかけて、おやすみなさ~い。 
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 22:57 | ドイツ留学中

ドイツ放浪日記 3

バートゴーデスベルクの駅は小さい駅だった。 それでも入り口が2つあり、どっちから出ればいいのかわからない。 階段なしで出れる方に歩いていってみる。 あたりはもう完全に暗い。 怖い。 たぶん小さくで平和な街なんだろうけど、行っちゃいけない危険な場所がないとも限らないし、駅周辺で若者がたむろってたりするのは、ドイツも一緒だろう。 早くホテルに着きたいよ~!!

駅を出た通りの名前がわかれば、どっちに出たかわかるのに、暗くてよくわからない・・・ 通りを見渡していると、すぐ近くにホテルがあることに気が付いた。 あ! このホテルは私が候補にあげてたホテルに違いないぞ。 場所も駅のすぐそばだったし。 ということは私が予約したホテルは逆側だ! またしても下調べが身を助けてくれた。

通りの名前を確認しながら、スーツケースをごろごろごろごろ。 変な人に後つけられてたらイヤだな、スーツケース持ってるから一目で旅行者って分かるじゃんよ~、暗いし怖いよ~。 ごろごろごろ。 おびえながらも特になにごともなくホテル発見! ようやく着いた・・・ 受付で名前を言って、鍵をもらい部屋へ。 小さいホテルだったが、嬉しいことにエレベーターが着いてたので、重いスーツケースを自分で運ばなくてよくて良かった~。

部屋は212号室。 ドイツは1階にあたる階を別の固有名詞で呼び、2階にあたる階を1階、3階にあたる階を2階と数えるため、私の部屋は3階。 日本にいると混乱する数え方だけど、ドイツではエレベーターの2のボタンを押せば3階につくので問題なし。 階段で上ってくる時は注意が必要だけど、部屋番号見ればすぐわかるしね。
エレベーターのつくりも変わっていた。 ボタンを押してエレベーターを呼び、到着したら手前(廊下側)のドアは自分で開けるようになっていた。 エレベーター側のドアは自動でスライドして開く。 おもしろーい。 部屋番号を見つけて、ようやく落ち着ける、と思ったら鍵の開け方がわからない(涙) 試行錯誤の末、諦めてフロントに助けを求める。 「ドアが開かない。 わからない」と訴えると、あけ方を説明してくる。 説明してくれるように、やったんだけどなぁ。 そうしたけど開かなかった、と言いのに、その言葉が出てこずジェスチャーで試みるもわけがわからない・・・ もういいや、もっかい頑張ろうと引き上げようとすると、フロントのお姉さんが一緒に来てくれると言ってくれた。 あーりーがーとーおー!! 壊れてんじゃないの?と思ってたら、お姉さんがやったら開いて、なんで?と思いながらもお礼を言って部屋に入る。 あー、疲れた。 時刻は夜8時。 日本は朝の4時だ。 はー、やれやれ。 長い一日だった。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 20:56 | ドイツ留学中

ドイツ放浪日記 2

b0069846_2155471.jpg


バートゴーデスベルグまで普通電車に乗っていきたかったのだが、もうたどりつければなんでもいい! とりあえずボンまで戻って、そこから普通電車か地下鉄に乗り換えれば着くはず。 ボン行きの電車はどれだ~? そして電車に遅れは出てないのか~? あうあうだんだん薄暗くなってきたよ(涙) もう、あれだね、なんで私はここにいるんでしょう、って気分になってくるねぇ。 あの電車が遅れさえしなければ・・・ くう。

詳細が載っている時刻表が手に入れられないので途方にくれる。 インフォメーションが見つからない・・・ とりあえず貼ってある時刻表を眺めてみるがわかりづらいことこの上なし。 時刻表もこれまた日本のものとは違って、行き先別にまとめて書かれていないのだ。 日本のだと「東北新幹線下り」の時刻表を見れば一発で分かるのに、ドイツの簡易時刻表は「行き先別」ではなく「時間系列」が軸になっていて、どこに行く電車もひとつの時刻表にまとめて書かれている。 日本みたく冊子や小さく折りたたまれた紙で、目的地別に詳細が載っている時刻表も存在しているのだが、それが手にはいらない。 あう~、どこへ行けばいいの~。 そして電車は定刻通りに動いているのか~。

仕方ないので簡易時刻表で、ボンを経由する電車を調べる。 電光掲示板でICEなどの案内も出てたので、それと簡易時刻表を照らし合わせて電車に遅延のないことを確かめる。 なんとかボンまでたどりつけるかも。 だいぶ気分はやさぐれて、開き直った感じになってきたけど、一筋の希望が見えてきた! 6時20分発の電車に乗るとボンまで戻れるっぽいぞ。

とりあえずそれに乗ろうとその電車の到着予定ホームに移動してからも、簡易時刻表を眺める。 それと事前に自分で調べてプリントアウトしてきた紙も見てみる。 飛行機が遅れたり、空港で迷ったり、切符を買うのに手間取ったりすることも考えて、わりと遅い時間の分まで調べてきてたのだ。 フランクフルトからバートゴーデスベルクへは何通りかの行き方があって、フランクフルトからケルンまで出てしまって戻る乗り換え案も載っていた。 しかもそれが遅い時間の乗り換え案で、6時34分の普通電車に乗ると乗り換えなしで30分でバートゴーでスベルクに着けるらしい! わーい!! 事前の下調べが身を助けたよ(涙) なにが幸いするかわからないねぇ。 乗る予定だった6時20分の電車を見送り、6時34分発の電車が来るホームに移動する。

プリントアウトした紙に書かれた電車番号と時刻表の番号を何回も照らし合わせて、間違いないか確認する。 もう迷いたくない・・・ 少しの遅れはあったものの7時15分、無事バートゴーデスベルクに到着!! ホテルまであとちょっとだ~。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 19:54 | ドイツ留学中

ドイツ放浪日記 1

待つこと30分、時刻は4時30分。 アナウンスが入り、60分遅れると言ってるのが聞き取れた。 今から60分? それとも予定時刻から60分? 予定時刻からだとあと30分だけど、今からだとさらに1時間か・・・ まあ、仕方ないか。

今回私が買ったのは「ICE(ドイツ語読みでイーツェーエー)」という新幹線のような速い電車で、当然お値段も高い。 「フランクフルト→ボン」まで60ユーロ(9000円くらい)くらいするのだが、事前に調べたところ、なんでか33ユーロくらいで行ける安いICEがあったので、その電車のチケットを買っていたのだ。 途中で乗り換えるから安いのか、ボンまで何路線も走っていて遠回りしないやつだから安いのか、詳細はわからないけどこれだけ安かった。

待っているとまたアナウンスが入った。 私は内容がよく分からなかったけど、まわりのドイツ人が降りる準備をし始めたので、その人たちは別の電車に乗り換えるらしい。 別の電車についてのアナウンスだったみたいだ。 このまま乗っててもいいものか、わからなかったので、勇気を出して向かいに座っていたおばさんに話しかける。 「すいません。 この電車はボンまで行きますか?」 通じたようで「行くけど遅くなるわよ。 向かいの電車がなんとかかんとか」と教えてくれた。 その人はあわただしく降りて向かい止った電車へ。 迷った末、私も乗り換え決行。 混んでて座れないけど、初めから立っていくつもりだったので問題ナッシング。 乗ってすぐに動きだしたが、すぐに重要な問題に気が付いた。 乗る予定じゃなかった電車なので、乗り換え等がわからない! 次はどこに止まるんだろう・・・

当初の予定では「フランクフルト→コブレンツ」で普通列車に乗り換えて、「コブレンツ→ボン、バートゴーデスベルク」下車。 そこから歩いてホテルまで行く予定だった。 バートゴーデスベルクはボン中央駅から電車で6分、地下鉄だと20分のところにある小さい街で、ボン中央駅からの行き方は調べてたので、そこで降りればいいかと楽観的に考えていたわけですよ。 ボン中央駅はたぶん主要な駅なので止まると予想。 1時間ほど乗ったところで「Siegburg/Bonn(ジークブルク/ボン)」ってとこに停車。 ボンって書いてあるけど、中央駅じゃないからここじゃぁないよね。 でもボンって書いてあるから、きっとボン中央駅はこの次あたりかな~。 そのままどんどこ乗っていると、次の駅はなんとケルン!(ボンを通り越した次の駅)だった。 速い電車だったので10分くらいだったけど、あわあわケルンからボンへ戻らなくては~。 時刻は5時50分。

ケルンはでっかい駅で右往左往しながらインフォメーションを探す。 そこで時刻表を手に入れたかったのだが、インフォメーションが見つからない・・・ 電車も遅れが生じていれば、前述の通りホームがめちゃめちゃになるので、不安になりながらも貼ってある簡易時刻表を眺める。 私はホテルにたどりつけるんだろうか・・・ 
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 18:53 | ドイツ留学中

電車に乗って移動だ!

また案内板を頼りに、電車の駅までテクテク歩いていく。 時間は3時20分。 今度は迷わずちゃんと着けた。 駅には自動販売機があったが、それは近距離切符しか買えないので、私は窓口へ。 あー、やっぱり混んでるよねぇ。 窓口ロビーにいろんなサービスのパンフレットが置いてあり、買おうと思っていた「バーンカード(中距離以上が割引になるカード)」の案内があったので手にとる。 ぱらぱら見ていると、後ろにいたおじさんが話しかけてきた。 「イン ドイッチュランド?」(記憶がおぼろげだけど、たぶんこう聞かれたんだと思う) 意味はドイツにいるの?という簡単な言葉なんだけど、話しかけられると思っていなかったので、パニック! 「イン ドイッチュ?」と聞かれたんだと勘違いして、え?どういう意味? パンフレットはドイツ語?って聞かれてんの? ドイツ語だけど大丈夫なのかってこと?  この人ドイツ人? うわ~わからねぇ! え?え?と答えられないでいると、おじさんも諦めた模様。 そうこうしてるうちに私の番が来た。 「ハロー! 私はこれが欲しいんだけど」、とあらかじめプリントアウトしてきた用紙を見せる。 紙に行き先も時刻も全部書かれてるから、向こうで確認してくれてちゃっちゃと手続きしてくれた。 クレジットカードで払いたいって言ったら、混んでたせいかダメと言われたようだったので(フィーリングで)、現金で支払う。 親切に乗り換えについても、向こうでプリントアウトしたのをくれた。 ダンケ!! 早くよけなくちゃ、と焦っていると、チケットがまだだよ、と言われた。 あらららら。

無事、切符を手に遠距離用のホームを目指して移動。 時間は3時35分。 雪のせいで電車が遅れてるかもしれないので、発着予定の掲示板を確認する。 ドイツの鉄道は縦横無尽に走っているので、日本のように「このホームは○○線でどこどこ方面にいく」と決まっていないのだ。 だから電車が遅れると、発着ホームも変わることになり、すんごく分かりづらくなってしまう。 ホームが固定されていないので駅名表示板も日本のように「東京← 上野 →大宮」みたいに、次の駅の表示がされていない。 これも結構不便だなぁ。
ちゃんと確認すると、乗る予定の電車は予定通り7番線に到着するらしい。 

定刻通り電車着た。 遅れてないらしい。 3時58分出発まで、席を求めてうろうろ。 荷物が多いから、席がとりずらい。 通路にスーツケース置くと迷惑だしな~。 うーん、適当な席がないし空いてても予約席になってたので、とりあえずデッキで立ってることにした。 乗り換えまで1時間ちょい。 車両とデッキとはガラス?で仕切られていて、中が見えるようになっている。 一番手前の席が空いているので、近寄っていってデッキから予約内容を見てみる。 よく見てみたら予約が入っているのは私の目的地ボン以降の駅だったので、安心して座る。 雪の影響か、なかなか出発しない。 アナウンスも流れないので、これが普通かと思ってたらまわりのドイツ人が、なんで出発しないだ、と言い始めた(これもフィーリングで)。 うーん、予定してた乗り継ぎの電車には乗れないと思うけど仕方ないよね。 なんとかなるでしょ。 日記でも書いて待ってようっと。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 17:48 | ドイツ留学中

ドイツ入国!

b0069846_21504761.jpg


15分ほどして来たバスに乗り込み空港へ向かう。 時間は2時30分。 雪でスピードが出せないせいもあるのか、乗ってる時間が長く感じて疲れる。 空港に着いた後は、案内板を見ながら出口を目指して歩く歩く。 入国審査でパスポートを見せると、ビザのページをなにやら機械に透かして見てる模様。 ぎ、偽造じゃないよ・・・ 何もいわれず無事通過でき、ほっとひと息。 荷物を受け取る場所を求めてずんずん進んでいくと、ロビーに出てしまった。 案内板で「荷物受け取り場所はあっち→」と出ているが、その先が広くなっていてどこに行けばいいのか分からない。 迷子だ、迷子。 ロビーにはチェックインカウンターなどもあり、荷物受け取ってないのに、こんなとこに出てしまっていていいのか、私はどこに行けばいいのか、いろんな思いが交差する。 成田でチェックインした時にカウンターに置いてあった「フランクフルト空港の案内(日本語)」をもらってきてたので、それで確認するも、現在地がよくわからない。 まさか、荷物を受け取らず出てきてしまった、なんてことはないよね・・・ も、戻った方がいいのかな(涙) でも案内板出てるし・・・

「荷物受け取り場所、旅行者限定」と書かれた、階段があったので恐る恐る降りてみる。 降りると一方にしか開かない自動改札トビラがあった。 これ出ちゃったら、戻れないよねぇ。 迷った末、行くしかないと進んでいくと、ありました荷物受け取り場所!! うわーん、良かったよ~。 なんでこんな分かりずらいつくりなんだよぅ!! 自分が乗ってきた飛行機が書かれたところで、荷物を待つこと数分。 待てども、待てども出てこない。 これも雪の影響か? それともドイツ的には普通のことなのか? 外は寒いが、歩いたせいと、空港内の暖房のせいで暑い。 アナウンスで自分の乗ってきた711便についてなんか言ってるのはわかったが、内容まではわからなかった。 もう出てくるってこと? それとももっと待てってことか? まわりには一緒の飛行機だった人の姿があるので、とりあえず待ち続ける。 待つこと数分、あ!荷物が出てきた! 私のスーツケースはとるときにすぐ分かるよう、黄色の本体にオレンジ色のバンドがしてあるので、今回もすぐわかった。 ぐるぐるまわる台から引きずり降ろし、税関も何事もなくパスして空港駅(空港に電車の駅がある)へ向かう。 時間は3時5分。
[PR]
by kyo_7729 | 2006-03-03 16:44 | ドイツ留学中