人気ブログランキング |

2006年 06月 12日 ( 5 )

6月5日 今日から学校、ですよね?

昨日は寝不足と移動の疲れで、ご飯も食べずに就寝。
学校からきたメールでは10時から授業と書いてあり、家から徒歩5分程度で行ける距離なので、余裕の起床。

あれ? 7時30頃に仕事に行くって昨日言ってたおばさんがいる。 その日によるとも言ってたから、早くて7時30ってことか。 迷うかもしれないから、少し早めに家を出て学校へ向かう。 地図を見ながら歩くこと数分。 発見! ちかーい! 便利、便利♪

玄関の鍵がまだ閉まっているので、10時まで待つことに。 そのうち他の生徒も来るかな~。 9時50分過ぎから、すぐそばの教会の鐘が鳴り響き始め、鳴り止まない・・・ う、うるさい。 美しい、とは言えない結構な音量の鐘の音が10時過ぎまで響き渡っていた。 その間、学校の前にたたずみ、周りをうかがう私。 呼び鈴があったので、きっとアパートの玄関と同じで、押して開けてもらうもんだと、押してみるも反応なし。 鐘の音がうるさすぎて聞こえないのかな~。

ようやく鐘の音が鳴り止んだところで、誰も来ないんですけど・・・
もう一度ブザーを押してみても結果は同じ。 応答なし。 もしもーし?

えーっと。 ドアが開かないんですけど・・・ つーか、生徒も来てないんですけど。
最後の手段、学校の入り口に書いてある電話番号に電話をかけてみる。 
ルー ルー ルー カチャ ハロー あ、でた!
けど、なんか言ってる・・・ 学校の営業時間は月曜日から金曜日までのうんたらかんたら、今は閉まってるからかけなおしてね、って感じですか・・・ そうですか。

とりあえず、学校は今日はきっと休みなんだな。 もしやってたとしても、昨日来たけど開いてなかった!と言おう。 ここにいても仕方ないし、食料がないから買い物にでも行くか。

昨日はついたまま外に出なかったから、まずは駅へ向かう。
駅ビルには電気屋の看板もあったからDVDでも物色しよーっと。 あ、れ? 入り口が閉まってる。。。 休み? ざんねーん。 ほんじゃ次は本屋さんへゴー。 おー、マンガも取り扱ってる! 素晴らしい。 ここで暇つぶしができるな。

そして、本命スーパーの看板発見! 入り口はどこだ~? あ、昨日私がさまよい歩いた地下へ降りるのか。 昨日はこのでっかい看板にも気がつかなかったな~。 だいぶ緊張してたんだなぁ。 ありました、ありました。 が、中が暗い・・・ や、休み?

もしかして、もしかして、もしかして、今日は・・・・・・   休み?
おばさんが朝、家にいたのは休みだから? 学校がやってないのは休みだから? 電気屋とスーパーが開いてないのは、休みだから!? それ以外考えられん!

ドイツは北と南でプロテスタントとカトリックでわかれていて、州によって祝日が違うと何かに書いてあった。 そして、その通りボンは今日は祝日でお休みなのだ。 しかーし! ハンブルクは宗派が違うから、月曜は休みじゃなくてすぐ学校なんだな。 だって、学校からのメールには「月曜日」の10時に学校に来いって書いてあったし、学校の前日からじゃないと滞在先にも入れないことになっていたはず。

今日から学校、ですよね? ねぇ!!

こんなことなら、1日移動日をずらして、昨日デュッセルドルフでやった日本対マルタ戦を見に行ったのに~。 友達は当日券で入れたし、日本対マルタなんてマイナーな試合、テレビでもやらなかったし(涙) ひ、ひどい・・・

スーパーも開いてないから、パン屋で今日と明日の朝のパンを買って帰ったさ。
業務連絡は、確実にしやがれっ!!
by kyo_7729 | 2006-06-12 21:43 | ドイツ留学中

6月4日 ハンブルクへ引越し

4時間かけてボンからハンブルクへ移動。 疲れた~。 移動というより、その前日、前々日の荷物整理であまり寝てないせい・・・

新しい街、知らない道は、日本でも緊張するけど、外国だとなおさらだ。
事前にプリントアウトしてきた地図を片手に、スーツケースをごろごろ押しては止まり、地図を見る。 駅から5分くらいのところにあると聞いてたので、簡単にたどり着けると思ってたのだが、駅の出口が沢山あって迷える。 なんとか近い通りの名前を頼りに地下へ降りて出口へ向かう。 大通りを渡らず、地下から行けるようになっていて便利だけど、ここはどこー。 現在地がわからーん。 聞いたほうが早い・・・ 近くを歩いていたお姉さんに、地図を見せて行き方を教えてもらう。 ちゃんと近いところへ出れてて一安心。 まっすぐ行って右ですな。 ホントに近いな。

住所の場所にはアパート(マンション?)が建っていて、表札を見ると学校から言われた名前を発見。 到着! ブザーを押して名前を名乗り、アパートに入る玄関の鍵を開けてもらう。 部屋は3階でエレベーターはナッシング。 あうー。 スーツケースが重いのに。。。 頑張って一人で運んでたら、部屋の主が降りて手伝ってくれた! ありがとー!

なんとか3階に到着して中に入ろうとすると、靴は玄関で脱いでね、と言われた。 やった! これでスリッパ生活じゃなくなる! わーい。 部屋は8畳くらいあって広くてキレイ。 ラジカセが置いてあり、勉強のためにラジオ聞いたりしていいよって言ってくれた。 買おうか迷っていたラジオをゲット!!

とりあえず荷物を置いて、一番気がかりだったホームステイなのか?ってことを確かめる。 ホームステイってドイツ語でなんて言うのかわからんので、ここには私だけ? 他の人は来るのか、ってことを聞いたら、返事はあなただけってことだった。 ホームステイ決定っすね・・・

私の住むところになった家は母親と息子さんの2人暮らしで、私の部屋の他に3部屋。 息子さんが1部屋と、おばさんの仕事部屋と寝室で2部屋。 お風呂はシャワーのみ。 家の中をざっと案内してもらった後、歓迎に焼いてくれたケーキでお茶をしながらちょっと話す。 ホームステイはいろんな制限があると聞いてたので、さっそく質問。 

禁止事項は何ですか? 例えば、ドイツは音に敏感だから夜10時以降はシャワーを使うな、とか、帰りの時間が遅くなったらうるさいからダメだとか。 返ってきた答えは、「特になし」 口うるさい人じゃなくて良かった~。

ホームステイなんて絶対やだ!って思ってたけど、なんとかやっていけるかな。 ドイツ語も上達しそうだし。 慣れるまで、しんどいと思うけど頑張るぞー。

なんでドイツ語に来たの?って話しから、ワールドカップの話しになり、大家さんはサッカーに興味がないってことが分かった初日だった。 あー、これからワールドカップだって言うのに・・・ 部屋にテレビがないし、どうしよっかな~。 学校が始まったら友達が出来て、一緒にどっかに見に行ったりできるかなぁ。 明日の学校が楽しみだ。
by kyo_7729 | 2006-06-12 21:42 | ドイツ留学中

6月3日深夜 携帯問題

ご飯の後、解決してない携帯をどうにかするべく、自分のパソコンを持ってネットが使える学生寮へ。 時刻は既に24時。 まずはトリコちゃんへ事情を説明したメールを送る。 その後、メールをチェックしたり返信書いたり、ネット見たり。 そしてメッセンジャーを立ち上げると、ちょうどトリコちゃんがっ!! グッドタイミング~! ヘルプミー! チャットを送るとちょうどメールを読んでくれた後だったらしく、これまた素晴らしいタイミング! トリコちゃんの友達のオガさんにも相談に乗ってもらい、どうやらPINコードの入力に失敗したために、更に厳しい本人確認をするための暗証番号じゃないか判明。

もともと私のドイツでの携帯電話はトリコちゃんとオガさんが契約手続きをしてくれていて、一時帰国の際に私に手渡してくれたものだった。 そしてその際、携帯と一緒に渡された電話番号やPINコードがかかれた紙、もしくは携帯が入っていた箱に問題のコードが書かれていると思う、と、ここまでが判明。 ありがとー!! で、その紙って、持ってきてたっけ・・・?(汗)

箱は間違いなく持ってきてない。 携帯を受け取ったときに、使い方の説明をノートにメモし、そこに一緒に電話番号やPINコードを書いていたため、今まではノートで事足りていたのだった。 コードが書かれた紙・・・ 持って来てたかな(涙) ホテルに戻らないと分からないけど、持ってきてなかったら実家に連絡して探してもらおう。 うう、トリコちゃんとオガさん、ありがとう!

その後もちょこちょこ日記を更新したりして時刻は3時。 ね、眠い・・・
学生寮からホテルへは歩いて数分の近いところだったけど、遅くて危ないし明日見送り行かないなら送ってくと、リョウがホテルまで送ってくれた。 あーりーがーとー。(リョウはご飯食べたあともう遅いから友達のとこに泊まることにしたから学生寮に来てた、で引っ越したばっかりでまだネットが使えないから彼も一緒にネットを使ってたのだった)

ホテルへ戻り、書類ケースをあさる。 あ! あったー!! Vodafoneの紙が~!! 私、偉い!! 自分で自分をほめてあげたい、つーかほめるよ。 よくやった、自分! あー、良かった。 後は、今日着た服などを詰めて、明日の朝寝坊せずに起きることだな。 し、心配だ・・・ 連日寝不足だし。

心配したけど、朝はちゃんと起きれて、時間通りにチェックアウト。
スーツケースをごろごろ転がして駅へ。 また9月か10月頃に来るつもりだけど、この駅ともしばしお別れだな~。 見送りに来るなって言ってあるから気楽なもんだし。 って電車を待ってたら、見慣れた顔がっ! リョウ、泣くから見送り来んなって言ったのに~! でも、ありがと!! 確かに一人も寂しいしね。 2人で電車を待ってると、そこにメキシコ人のミゲ―ルが荷物を持って登場。 おー、偶然だねぇ。 ミゲールも今日出発だったんだ。

ミゲールと同じ電車に乗り込み、リョウとはここでお別れ。 最後はあんま顔が見れない感じだったけど、またね~! 一人だったら泣いてるところだけど、ミゲールがいるからこらえる。 今から国へ帰るの?とお互いに質問し合って、ちょこちょこ答えたところで電車はボンへ到着。 私はここで乗り換え、ミゲールはデュッセルで乗り換えとのこと。 彼のおかげで泣かずにすんだ。 Dnake! ほんではHamburgへ行ってきます!
by kyo_7729 | 2006-06-12 21:42

6月3日 最後の長い1日

明日の朝にはハンブルクへ移動なので、今日がボンでの最後の日。
朝にサミーさんという日本人のおじさんで、58歳ながらドイツの大学に入るべく頑張ってる人から電話がかかってきて、今日の夜みんなで一緒にご飯でも食べませんか?ってことになった。 リョウもちゃんとサミーさんとお別れしなかったって言ってたので、連絡したら来ることに。 昨日の今日なんだけどね(笑)

今日は2ヶ月一緒だったユーリがマインツへお引越し。
昼ご飯を一緒に食べる約束をして、それまで郵便局でもう1便荷物を送ったりして過ごす。 荷物が沢山あったのでご飯を食べた後は、一緒に運びながらそのまま駅へ。 彼女もワーホリビザで来てるので1年滞在予定。 結構サバサバした子だから、別れもあっさりかと思いきやユーリが涙ぐんだから、こっちがびっくりした。 マインツに遊びにいくよ~!

ユーリを見送った後、日本代表の練習を見に練習場へ。
今日が最後だから練習も見たいがサインももらいたい! 迷ったすえ、練習はほとんど見ずに場所取りのために並ぶ。 物より思い出、でもこんなチャンスもうないもんな~。 今日は土曜日のため家族連れが多いのか、子供が多い。 日本人は行儀がいいが、ドイツ人は力任せに押してくるため、サインの時にはガードのおじさんが立つ。 もちろん、選手との間にはフェンスがあって仕切られているのだが、ドイツ人は力強いため、このフェンスの前にもう1つ柵が設けられていた。 フェンスと柵の間は40cmほど。 この間にガードのおじさんが立つのだ。

かなり小さな子供(4歳くらい?)もサイン待ちしていて、小さすぎて後ろだと見えないため、フェンスと柵の間に入って待っていた。 ガードのおじさんが来たら、たぶんどかされてしまうんじゃないかな~と思いながらも、選手が来るのをひたすら待つ。

来たー! 順調にサインをもらっていたら、ガードのおじさん登場!! やっぱりね。
そして案の定、子供らは柵の内側へ入れと指示が出た。 小学生高学年くらいの子たちはいいけど、私たちの前には4歳くらいと、6歳くらいの姉弟が。。。 この子らは危険だよ~! 後ろからドイツ人がぎゅうぎゅう押してくるし、小さいからこの子らの存在が見えないし。 となりの人々と協力して、子供らを守ろう作戦決行!! 子供の親も心配そうに声をかけてる。 私たち頑張りますからー!

小野、高原、巻、川口、楢崎などが来てくれてサインをしてくれる間にも、ドイツ人のパワー炸裂。。。 ほんっとうに子供らが危険だ。 ガードのおじさんも前に子供がいるから押すなって後ろの人に声をかけてくれたけど、選手が来たらそんなのお構いなしだ。 ガードのおじさんも見かねて、子供らをフェンスと柵の間に入れてくれた。 ありがとー!

練習場に通って、サインをもらうこと数日。 ガードのおじさん、お兄さんの顔ぶれもこっちは覚えてきている。 当然向こうは沢山いるアジア人なんて覚えてないだろうけど。 当初は意地悪な人なのかと思ってたけど、意外と優しい人だってことが最終日にして判明。 子供のことだけじゃなくて、最前列にいた私らが押されてつぶされてるのを見て、前の人が痛がってるから押すな、って声かけてくれたし。 選手がみんなバスに乗り込み、バスが発車したところで、本日のお役目終了。 お疲れ様でした~。

子供が本当に危なかったので、何回かガードのおじさんに子供が危ない!ってつたないドイツ語で訴えていたので(通じてたかは不明だけど・・・)、私が怒っていると思ったのか、人がはけた後に、おじさんが私に自分の赤ちゃんの写真を見せながら、自分にも子供がいるから子供を守りたいのは同じだよ、僕は怒ってたんじゃないよ(子供を柵の内側に入れたからかな)みたいなことを言ってくれて、いやもうホント、サインをもらえたことも嬉しかったけど、ガードおじさんと話せたことが嬉しかった。 最後には追っかけて行って一緒に写真撮ってもらっちゃった♪

ここまでは感動的で良かったんだけど、この押し合いへし合いで携帯のボタンが押されたらしく、暗証番号を入れろって画面になってしまった。 うろ覚えの番号を入れてみるが、間違ってたらしく携帯は復帰せず。 部屋に戻れば分かるからと、一旦電源を落としホテルへ戻る。 ホテルの部屋で携帯の電源を入れると、さっきと違う画面が・・・ ひー。 4桁の暗証番号はPINコードと呼ばれるもので、それを入れろって画面がさっきは出てたのに、なんとかコードを入れろって画面になってる・・・ な、なんだこれ・・・ とりあえずPINコードを入力してOKボタンを押してみるも反応せず(涙) 自分の電話番号を入れてみたりもしたけど、これも違う。 そもそもPINコードは4桁なのに、この画面では8桁まで入力するようになってるし(涙) 自分では解決不可能なので、ドイツに住んでるトリコちゃんに後でメールして聞いてみることに。。。

携帯は復帰しないまま、夕飯の約束へ出かける。 この日の夕飯がボンの仲間との最後となった。 2ヶ月一緒だった隣の部屋のモトコともここでお別れ。 モトコは本当にワールドカップのためだけにドイツに来た、素晴らしい人だ。 お互い縛られるのがイヤで、特に約束もせずに勝手気ままにご飯食べたり、出かけたりしてたのに、いろんなことを話したね~。 モトコのおかげで楽しかったよ! ベンやドリューとも仲良くなれたし(笑) 私の見送りにだけは行けないって言ってくれたことが嬉しかったりして。 私が日本に帰る時は、成田空港でウェルカムボード持って、待っててね! お互い、ワールドカップを楽しむべし!
by kyo_7729 | 2006-06-12 21:41 | ドイツ留学中

6月2日 みんな、ありがとね~。 楽しかったね!

せっかく日本代表が来て、これからって時にハンブルクへお引越し。
ワールドカップまで後少しで楽しみだけど、沢山の友達と離れるのが寂しいなぁ。

2日が退寮日だったので、今月で終了の生徒のほとんどは既に旅立っていってしまった。
見送るのも、見送られるのも、どっちも、駅のホームでこれが最後!!ってのが苦手。
だから、これまでも見送りには行かなかったけど、今回は自分も離れるせいもあるし、長い人で3ヶ月一緒にいた友達と離れることになるので、駅のホームじゃなくても、なんとも寂しい感じがした。

2ヶ月一緒だったハジメ。 個性的で面白かったよ。 試験頑張ってね!
2ヶ月一緒だったサミーさん。 ハンバーグおいしかったです! また10月に会いましょう!
1ヶ月一緒だったカツヤ。 ドイツ語が話せなくても度胸満点! あんたすげーよ!
1ヶ月一緒だったアヤコ。 ジブリのCDありがとー! 6月にハンブルクで会おうね!
1ヶ月一緒だったカナコ。 日本代表選手からサインをもらうために共に戦った仲。 きつかったね~。 荷物お願いします!
1ヶ月一緒だったコータロー。 靴職人な彼。 お店開いたら見学に行くからね!

そして、3ヶ月一緒だったリョウが、2日にボンから1時間ほどのとこにあるデュッセルドルフへお引越し。 3月は沢山日本人がいたけど、ほとんどが大学生で1ヶ月で帰った中、唯一の4月、5月と残った人だ。 ビザや銀行口座、保険などなど、長期滞在の手続き関連でお互い喜んだり励ましあったりした。 もちろん、彼の見送りも行かないつもりだったが、一緒の電車でボンまで行って、私たち(他の残る日本人)は日本代表の練習見学へ行き、リョウはそのままデュッセルへ行くことになった。

電車までの間、私の荷物をホテルまで運ぶのを手伝ってもらったりと、最後までありがとねー。 一緒の電車に乗り込み、私たちはボンで下車。 電車が結構混んでいて、ボンで人が降りたら座れるといいね、と話していたが無事に席を確保したようで良かった。 発車までの間、窓から手を振ったりして過ごしていたら、なにやらリョウが外人から話しかけられている模様。。。 4人がけの席の窓際にスーツケースやリュックを置いていたのを、移動して欲しいと言われてるらしい。 そして、荷物を移動させたりしてる間に、電車がゆっくり動き出した~。 さすが!! 最後の最後までコントみたいな落ちで、感傷的になるヒマもなし! その後に届いた携帯メールでちょっと泣いたけどね。。。

結局、次の日に残ってる別の人から食事に誘われ、リョウにも声をかけたら来るってことになって、すぐに再会したんだけど(笑)
by kyo_7729 | 2006-06-12 21:40 | ドイツ留学中